学校・家庭

学校・家庭

学校の「意思決定」をあらためて考える

コロナ禍の学校では、児童・生徒がいないという状況は、学校とはなんぞやということをあらためて考えるよい機会になったかもし...
学校・家庭

不登校の原因をつきとめたら

あるご家庭のお母さんは、お父さんとの関係があまりよくなくて、家庭内離婚の状態でした。 お子さんのことをお父さんに相談す...
学校・家庭

不登校の話を聞いていたら

お子さんが引きこもり気味で、 どうしたらいいのかとお母さんの相談を受けました。今では完全に引きこもりになってしまってい...
学校・家庭

教師たちのご家庭への願い

少子化は、40年も前からはじまって、そのこと自体が、お子さんにとって親御さんからの過剰の期待をよせられたり、兄弟たちの...
学校・家庭

ゼネコン化した社会と学校の罪 日本の優秀な低賃金労働者

われわれは終身雇用年功序列というフィクションの中で生きています。勤労者の区分けでは「勝ち組」になるわけです。そういう意...
学校・家庭

学校でキャリア教育は可能なのだろうか

いつものことですが、小学生の将来になりたい職業は、日本と米国であまりにちがうのは話題にのぼります。なぜ、このようなこと...
学校・家庭

学級崩壊になったらどうしよう 先生たちの不安

3学期制の学校なら、そろそろ2学期も終わります。子どもとのボタンのかけ違いで、2学期くらいには剣呑な雰囲気になるもので...
学校・家庭

30年間勝機を逃してきた人たちの顛末。 日本人の勝算?

日本人の勝算?政府の成長戦略会議の議員に起用されいろいろ言われているデービッド・アトキンソンさんは、日本の生産性の低さ...
学校・家庭

オレ様化した子どもたち

諏訪哲二さんの「オレ様化する子どもたち」をあらためて読みました。 高校教師を務めあげた諏訪さんはとてもまじめな方...
学校・家庭

教員という仕事 「ブラック化」は教員だけではない

「教員という仕事 なぜ『ブラック化』したのか(朝日新書)」で、教員の多忙化を朝比奈なをさんが分析している。公立高校で2...
タイトルとURLをコピーしました