大学の高すぎる学費を考える④

ライフ・キャリア

「突然、有名私立校へ」という親の矛盾と子どもの自立と、友達関係の大切さなどが よくわかるような気がします。

最近のお母さん達は、登校拒否やいじめが多くなったせいか、「学力相応のところに入学してくれればよいと思います」と言います。けれども、その言葉とは裏はらに、偏差値一 さえ高ければ、実力より何より一流校を受けさせたいという考えはないでしょうか。

地方で は、家柄によって、三流校では周囲も家族もそこに入るのを許さない風潮がまだまだあるといいます。けれども、名門校や一流校に入学しても、学校がおもしろくなければ登校拒否になりやすいし、子供が将来幸せになるとも思えません。かえってコンプレックスを植えつけるのではないでしょうか。

進学校は社会の見方や評価よりも、将来にどんな夢を抱いているのか、やりたいことは 何かなどを、親子で話し合いながら決めることだと思います。無理をして一流校や有名校に入 ると、力を出し切ってそれ以上伸びない場合もあります。受験勉強一辺倒でなく、自分の好きなこと、自分の 興味をそそられることをして過ごした少年少女時代を持つ人は、どんなにかゆとりある人生をその将来に向かって花を咲かせることでしょうか。

ある中学の先生のお話によると、中学は義務教育で、登校拒否をしても卒業になるけれど、高校・大学では自動的に休学、退学になってしまいます。それだけに、その校風や内容が合うかどうかは大きな問題だといいます。そのために、学校の環境、先生と生徒の登校、下校の様子を、親子で調べる必要もあります。

私立の中には、登校拒否児や退学者を出さないように、出席日数をチェックして、早いうちに手を打 って登校意欲を促すことを考えるところもあります。公立でもそれだけの関心を持って欲しいけれど、とかく生活指導に追われていると、こういったことまで眼のとどかないことも多いようです。

タイトルとURLをコピーしました